需要が増えていく業界

医者

心理カウンセラーが求められる仕事はたくさんあります。今では学校でのいじめ問題や、仕事での人間関係のストレスなど、精神的な悩みを抱える人が増えている為に需要も増えていくと予想されている業界です。国家資格はないものの、民間資格として日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士があります。試験の受験には協会が指定した大学院修士課程または専門職大学院の修了が条件となっており、大学院によっては1年以上の心理臨床経験が必要となります。心理カウンセラーを募集している医療施設などでは、この資格を採用の条件としているところもあります。公務員として心理カウンセラーの職に就くためには、公務員試験の人間科学、心理などの区分に合格することが近道であるが、いずれにしても大学で心理学や臨床心理学などを専攻することが第一歩です。今では通信講座でも見かけることが多くなっているので、需要が増えたことにより基本的な心理学を学んでいれば、採用される場所もあるのかもしれません。どの程度の知識などが必要かは、企業側の募集内容による部分は大きいですが、その場合は条件をしっかりと確認する必要があるでしょう。大学卒業から臨床心理士の資格取得を目指すことが心理カウンセラーを仕事にする為のスタートラインと言えます。大学卒業が必須と考えると敷居が高いようにも思えますが、そのような方は通信講座で就職に関しての情報などをサポートしてくれるようなところを探すと近道になるかもしれません。

心に寄り添う仕事

女性

心理カウンセラーの資格取得の為に必要な能力は、主にコミュニケーション能力や心理学、カウンセリング能力など色々あります。そのほとんどはパーソナルな分野特有の、人の心と向き合う重要なことばかりです。対人関係や信頼関係に関しての距離感や、カウンセラーとしての安心感を与えるような話し方、間の取り方など細かく学び、身に付けなければなりません。相手が不安定な人間の心というのは、とても難しいことかもしれませんが、だからこそプロフェッショナルな知識や技術を持つことが求められるのでしょう。精神的な悩みに寄り添うことは簡単ではありません。共感をしたり、肯定することも必要かもしれませんが、相手も人間ですので機械のように淡々とカウンセリングを進められたり、話を聞いてもらえていると思えなければそれは不信感に変わってしまいます。一度失った信頼関係を取り戻すのは難しいので、一番に大切なのは本当に心から寄り添って、味方になってくれる姿勢なのかもしれません。そこに、学んで得た知識や技術が肉付けされて、心理カウンセラーとしての信頼を得られるようになっていくのです。精神面がとても重要なのが特徴なのかもしれません。

広告募集中